ビギナー向け!サッカーの戦術ブログ

サッカー日本代表がW杯ベスト8の壁を打ち破る為の戦術(タクティクス)をビギナー(初心者)でも分かるように分析します!土曜日の19時更新目標!

MENU

【EURO2024】ハンガリー代表の戦術を分析

※ 当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれる場合があります。

【ads by google】

 ハンガリー代表は、FIFAランキング(2024年4月4日)で26位。 UEFA(欧州サッカー連盟)内の順位では14位。

【ads by google】  

ハンガリー代表のメンバー

監督

マルコ・ロッシ

GK(ゴールキーパー)

1 ペーテル・グラーチ(ライプツィヒ)
12 デネシュ・ディブス(フェレンツバーロシュ)
22 ペーテル・サッパノシュ(パクシュ)

DF(ディフェンダー)

2 アーダーム・ラング(オモニア・ニコシア)
3 ボトンド・バログ(パルマ)
4 アッティラ・サライ(フライブルク)
5 アッティア・フィオラ(フェヘールバール)
6 ビリ・オルバン(ライプツィヒ)
7 ロイク・ネゴ(ル・アーブル)
11 ミロシュ・ケルケズ(ボーンマス)
14 ベンデグーズ・ボラ(セルベット)
18 ジョルト・ナジ(プスカシュ・アカデミーア)
21 エンドレ・ボトカ(フェレンツバーロシュ)
24 マールトン・ダールダイ(ヘルタ・ベルリン)

MF(ミッドフィールダー)

8 アーダーム・ナジ(スペツィア)
10 ドミニク・ショボスライ(リバプール)
13 アンドラーシュ・シェーファー(ウニオン・ベルリン)
15 ラースロー・クレインヘイスレル(ハイドゥク・スプリト)
16 ダニエル・ガズダグ(フィラデルフィア・ユニオン)
17 カラム・スタイルズ(サンダーランド)
26 ミハーイ・カタ(ブダペスト)

FW(フォワード)

9 マルティン・アーダーム(蔚山現代)
19 バルナバース・バルガ(フェレンツバーロシュ)
20 ロランド・サライ(フライブルク)
23 ケビン・チョボト(ウーイペシュト)
25 クリストフェル・ホルバート(ケチケメート)

【ads by google】  

【6/15 グループA 第1戦】ハンガリー代表 対 スイス代表(1-3)

システム

使用戦術

試合展開

【守備戦術】

  •  

【攻撃戦術】

  •  

【ads by google】  

【6/19 グループA 第2戦】ハンガリー代表 対 ドイツ代表(-)

システム

 

使用戦術

試合展開

 ドイツのフィジカルが高く、プレスも強いためにうまく展開が出来ない。

【守備戦術】

  • ラインコントロールがほぼない状態のため、数的有利を作れずプレスを掛けられない。そのため割と簡単に突破されてしまい、最後のディフェンスラインで引っ掛けるのがやっと。

【攻撃戦術】

  • ドイツのプレスをかいくぐるためにワイドプレイをするのだが、間を抜けるほどのフィジカル、パスの強さと精度、ボールタッチの技術が無いためにビルドアップが成り立たない。
  • ドイツのディフェンスラインの裏へパスを出し、こぼれ球からつながった時のみPAへ攻め上がれる。
  • 最後の仕掛けでは、味方がボールウォッチャーになり動かないためにパスのターゲットがおらず、ドリブルで一人が仕掛けるだけの単調な攻め。